週末はずっとホテルで

女性の肩を抱く男性

ゆったりとしたキングサイズのベッド。ジャグジーなどの機能がついた、広々としたゴージャスなお風呂。
東久留米でもきちんとラブホテルを選ぶと、そのようなところを選ぶことができます。「高級感がラブホのテーマになっている」という話を別の記事に書きましたが、まさしくそういう感じのお部屋でひとときを過ごし、あるいはひと晩を過ごすことができるのです。
ここでは、ひと晩といわず週末の間をずーっと過ごす、そのようなラブホテルの利用方法について提案します。

冒頭にも書いたようにイイ感じのベッドやお風呂があるラブホテルの部屋は、住もうと思えば住めちゃうところ。「東久留米の街にある6畳ひと間のアパートより断然ゴージャスなんですけど!?」と、自分の実際の住まいよりも豪華な感じに感心している人も多いはず。じゃあ数日間だけでも豪華なホテル暮らしの気分を味わってみましょう。カップルが身を寄せ合い、あるいは体をいっぱいに伸ばして眠ることができるベッドがありますし、ふたりでゆっくり温まれるお風呂があります。食事?東久留米でも、出前サービスが充実しているラブホテルがあります。お腹がすいたらそれを利用すればいいのです。
あるいは、ホテルによっては宿泊する人に向けて無料の食事サービスを提供しているところもあります。夜、食事の後でチェックインしてひと晩を過ごし、朝には朝食を無料でフロントに注文できる、そんなホテルがあるのです。
外出OKのラブホテルもあるので、そのようなところを選べば途中で買い物に出かけたりすることも可能です。
こうして、週末ずーっと甘々の、水入らずの時間を過ごすことができるのです。