サービスタイムを活用

浜辺を歩く男女

東久留米のラブホテルで宿泊。そのときの費用は、だいたいひと晩8,000円くらい。休日はちょい高めになって9,000円くらいということになります。
宿泊しない休憩の利用なら少し安くなりますが、だいたい2時間5,000円というのが東久留米での相場です。東久留米の街でデート中、むらむらしてカノジョをホテルに誘うとき、そのことを念頭に置いておかなければいけません。
ただ、同時にサービスタイムを利用すればお得に利用できるということも覚えておきましょう。

サービスタイム、それは東久留米をはじめ全国各地にあるラブホテルが採用しているシステムで、その時間帯を利用すればホテルの料金がお得になります。たとえば休憩2時間5,000円だったところが、同じ5,000円で半日(10時間以上)利用できるという感じになっているのです。
2時間じゃ足りない、もっとゆっくり過ごしたいけど延長料金を重ねていくと破産しちまう!そんなときは、サービスタイムを利用しましょう。

ちなみに、ラブホテルは宿泊を開始できる時間が決まっています。だいたい20~21時から宿泊料金が適用されます。ひと晩過ごす場合はそのことも念頭に置いておくべきでしょう。